医療法人
おざさクリニック
https://ozasaclinic.com 

気軽に相談できる身近な存在でありたい

皮ふ科医と内科/血液内科医の2名で
地域医療に貢献していきます
 
〒693-0004 島根県出雲市渡橋町857番地
0853-23-6787

漢方薬について

内科では漢方薬を
積極的に取り入れています


 漢方薬は風邪などの急性疾患から、冷え性、頭痛、肩こりなどの慢性的な体調不良などに対しさまざまな対応策を持っています。  
 
 右のイラストにある葛根湯は代表的な漢方薬で、風邪薬としてご存じの方も多いかと思います。風邪薬として使うのであれば風邪の初期の段階、特に鼻風邪症状に有用とされています。裏を返せば、それ以外の時期、状態では葛根湯以外の漢方薬が適します。風邪と一言で言っても風邪の引き始めから風邪のこじれた時期、回復期など症状はさまざまです。患者さんのさまざまな症状に応じて処方を考えることができるところが漢方薬の長所であると考えています。
 
 風邪だけでなく、なんとなく調子がおかしい、気分がふさぐ、胃腸の調子が悪い、便秘などさまざまなことに対して対応を考えていきますので、慢性的に不具合をお感じの方もお気軽にご相談ください。